読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさぐれ日記

日々のこと、どうでも良いこと、趣味のことなど

ジャランジャラン

インドネシア語、マレー語で、散歩のことをジャランジャランといいます。ジャラン(jalan)は、道や通り、行く、といった意味があります。

週末は、散歩の日です。1時間~1時間半くらい歩きます。うちは、小高い山というか、丘の中腹にあるのですが、少し遠回りをしながら、展望スポットまで歩きます。

 

f:id:cr1:20170520072646j:plain

近所の運動場。よくサッカーをやっています。まだ7時過ぎなのでそんなに暑くない。日陰で28度くらい。日が昇るとクソ暑くなります。

手前はマンゴーの木。取り放題です。

 

f:id:cr1:20170520074347j:plain

近所の空き地。もはやジャングル。野生化したバナナが生っています。バナナの葉は料理に使うので、たまにおばちゃんが取りに来ます。

 

f:id:cr1:20170521074708j:plain

坂。わざと遠回りして、アップダウンのあるコースを歩きます。これくらいの坂を3回くらい。

写真では、一見きれいに見えますが、ゴミがかなり落ちています。

道が汚い原因としては、ゴミ収集車(といっても、普通のトラック)が来るのは週1回、もしくは2週に1回、ということもあると思います。

一番の原因は、ポイ捨てですけどね。

 

f:id:cr1:20170304072207j:plain

高級住宅街。なぜかギリシャ神話の石造。この坂を登れば目的地。

 

f:id:cr1:20170520080111j:plain

到着。ここにも豪邸が。

 

f:id:cr1:20170409091847j:plain

スマラン市内を一望できます。風が気持ちいい。

普段は、車通勤なのでほとんど歩きません。体が鈍らないように、毎週末、かならず歩くようにしています。

けれど、結構体力落ちてるだろうな。帰国したら、天覧山から鍛え直しです。

登山・アウトドア系コミック

書くことがなくなってきたので、登山やアウトドア系コミックの紹介と(いまさら感がありますが)、わたしの登山、キャンプの考え方など。

 

岳(1) (ビッグコミックス)

岳(1) (ビッグコミックス)

 

北アルプスの山岳救助ボランティアのお話。救助の話が多いので暗い話が多めですが、主人公三歩の性格のおかげで救われてる感じがします。山で捨ててはいけないものは2つ、ゴミと命です。心のバイブルです。

登山者にとって怖い話が多いです。本当に気を付けないと。わたしは単独行が好きなので、十分注意して登っているつもりですが、それでも滑落して怪我をしたことがあります。その時は自力で下山できましたが、山で怪我や遭難する怖さを身をもって体験しました。

小栗旬主演で映画化もされています。小栗旬も良かったけど、照英の方が良かったんじゃないかと今でも思いますw。

  

かなりストイックな登山家と、山岳カメラマンのお話。ジョージ・マロリーの遺品を見つけたことから物語が始まります。愉快な話なんて全くありません。でも心にぐっとくるものがあります。死ぬまでに一度はエベレストに登ってみたいです。途中まででもエベレストはエベレストですから。

ジョージ・マロリーといえば、「そこに山があるから」の言葉で有名ですが、実はこれ誤訳(意訳)だそうです。本当の意味を知ると、ちょっとだけ有難みが減りますw。

こちらも岡田准一主演で映画化されています。まだ見てませんが帰国したら絶対見ます。

  

神々の山嶺とはまったく真逆のゆるふわ系登山漫画。内気でインドア派の女の子が登山を始めます。埼玉県飯能市が主な舞台なのですが、比較的近所だったりします(うちから天覧山まで30~40分くらい)。

天覧山多峯主山~吾妻渓~飯能河原のコースは、寝坊した日曜午後の、わたしの散歩コースです。

作中では、飯能起点なので関東近辺の山を登ることが多く、ご近所ということもあり、作中に出てくる山は、ほとんど登ったことがあります。知ってる場所が出てくると、なぜかテンションがあがります。

こちらは2回アニメ化されています。アニメ放映当時、飯能はヤマノススメ一色でした。わたしも手ぬぐいとか持ってます。1期は1話5分のアニメなのですが、初心者が道具をそろえて登山をする過程が書かれていて、道具のうんちく話もあり、短いけれど見応えがあります。

 

山と食欲と私 1巻 (バンチコミックス)

山と食欲と私 1巻 (バンチコミックス)

 

単独登山女子の漫画。元はweb漫画で無料で読めます(単行本化したお話は読めないかも)。山頂でおいしいご飯を食べる漫画。わかります。

山頂で米を炊くのは、さすがにめんどくさいなと思っていましたが、メスティンはこの漫画を読んで買いました。ぽんかす丼は、わたし的にはイマイチでしたw。味ぽんかけすぎたのかな。オイルサーディン丼はgood。調味料を持っていくのがめんどい時は、さんまの蒲焼丼にします。

彼女も一度遭難しかかってます。コースタイムは余裕を持って計画し、自分の位置を把握、非常食、ヘッドライト等万一の時の装備は大切です。

こちらは、映画とコラボで実写化されたのですが、なんか違う・・・。

 

のぼる小寺さん(1) (アフタヌーンコミックス)
 

すこし変わって、ボルダリングの漫画。インドネシアで暇を持て余してる時に見つけました。小寺さんがかわいい。最近終わってしまいました。残念。

ボルダリングは、実はあまり経験がありませんが(楽しかったけど、混んでて…)、この漫画を読むと、また登りたくなってきます。ボルダリングジムは家の近くにいくつかあるので、帰国したらまた行ってみようかと思います。

 

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

ゆるーいキャンプ漫画。祝アニメ化決定。主人公のうちの一人、リンちゃんはソロキャンパー。しかも秋冬のキャンプが好きときた。道具は、おじいさんからのおさがりらしく本格的です。

やっぱり秋冬のキャンプはいいですよね。空いてるし、虫はいないし、たき火は暖かいし。すごくわかります。

今どきの漫画なので、友達同士スマホで連絡し合うのですが、深夜のキャンプ場、主人公のリンとなでしこが、別々のキャンプ場からSNSで連絡を取り合う雰囲気は、最高に良いです。

漫画にでてくる道具と、愛用している道具が同じだったりすると、やはりテンションがあがります。なぜでしょうね。

一人でキャンプ、一人で登山してなにが楽しいの?とよく聞かれます。もちろんファミリーキャンプや、ワイワイ登山に行ったこともありますが、まったく別の物な気がします。うまく言い表せませんが、自然の中に一人だけいる雰囲気、地球に愛されている感じ、自然の中で一人だけで考える時間が好きなんです。

 

いぶり暮らし  1巻

いぶり暮らし 1巻

 

燻製好きな同棲カップルのお話。よく行くWILD-1に置いてあって、気にはなっていましたが、最近kindleで読みました。燻製している間のなにげない会話が良い感じです。

燻製と聞くと難しそう、準備が大変そうと、敷居が高い感じがして敬遠していましたが、そうでもなさそうです。ゆで卵の燻製やチーズの燻製はお手軽に作れそうです。道具はピンキリですが、お手頃な物も多いみたい。この漫画のレシピ本も出ている模様。

燻製はまだ試したことがないので、今度帰国したらチャレンジしてみます。

 

他にも、孤高の人や、高尾の天狗と脱・ハイヒールとか色ありますが、今回はここまで。

ジャティバランダム

f:id:cr1:20170402143812j:plain

 先日、インドネシアのスマラン市郊外にある、ジャティバランダムに行ってきました。ダム巡りも結構好きなんです。海外のダムは初めて。来れてよかった。でも、もちろんダムカードなんてありません。

あまり天気は良くありませんでしたが、良すぎても暑いので、これくらいがすごしやすいです。

堤体まで行こうと周囲をグルグルと回りましたが、そこまで入れないようです。背面側も見れませんでした。残念。

日本の円借款で建設したダムです。資料がなく、詳しくはわかりませんでしたが、治水がメインなようです。

 

ダム形式:ロックフィルダム

堤高:74m

堤頂長:200m

貯水量:20,400,000㎥

 

このダムの一番すごいところは、サル。

f:id:cr1:20170402142430j:plain

別名、モンキーセンター。放し飼いというか、ダム建設前からいる野生のサルです。ものすごい数のサルがいます。このサルを売りにして観光地化しています。

スナックなんかを持って歩いていると、ものすごい数のサルに囲まれます。超怖い。こういうところは、良くも悪くもインドネシアという感じがします。日本じゃ訴えられるレベル。

帰りがけに、初めてココナツジュースを飲みました。ココナツの実を割って飲むあれです。Rp10,000くらいだったような。わたしは味付けをしてもらいましたが、結構美味しい。

なんにしても、海外のダムを見れたというだけで満足です。

最近外でうんこしてない

海外にいると日本語が恋しくなります。しかし今はネットが普及し、どこにいてもkindle等で日本語の書物を読むことができます。昔の人はさぞやホームシックになりやすかったことでしょう。

 

わたしは基本的に本を読むのは好きで、人並みか、人並み以上の読書量はあると思っています。軽めのものが多いですけどね。

家の本棚に入りきらない本や、読みたいと思って買った本が、読み切れずにどんどん貯まっていって平積みになることが多く、数年前からチマチマ自炊したりもしています。

そこでkindleです。お気に入りの作家の本はやはり紙の本で所有したいのですが、コミックや雑誌、ハウツー本等は、最近はkindleで購入しています。kindleは海外にいても購入することができて非常に助かります。

 

最近は「艦これ」の話題しか書いていませんが、実は登山やキャンプが大好きだったりします。インドネシア山と渓谷なんかを読んでいると余計に行きたくなってしまいます。

kindleでアウトドア関係の本を探していると一冊の本が目に止まりました。 

最初は、どうせ見慣れたキャンプ道具の紹介本かなーと思いましたが、レビューがとても気になり購入した次第です。

登山は毎週でも行きたいくらいなのですが、基本的に単独行です。単独登山男子です。

登山のことは別の機会に書くとして、この本は、ソロキャンプとタイトルにありますが、キャンプ以外にも、登山、トレッキング、カヤックなど単独でアウトドアを楽しむことをメインに書かれています。

もちろん道具の紹介も書かれていますが、GO OUTのような今流行りのおしゃれギアだとか、押しつけがましいスポンサー商品の紹介ではなく、作者のお気に入り道具を紹介している感じです(GO OUTも好きですけどねw)。

特に水筒の記事はとても共感できます。ホットサンドは今度山頂で作ってみよう(ホットサンドのレシピ本も執筆されている模様、こちらも気になる)。

そして声を出して笑いそうになったのが「外でうんこしてる?」という挨拶。こちらも、とても共感できます。絶滅しないように、わたしも使わせていただきます。あと、自作のうんこ用スコップも真似させてもらおう。

 

しかし、ゆるキャン△といい、山と食欲と私といい、ソロキャンプ、単独行が最近の流行なのかな。SNS疲れもあるのかもしれませんね。 

読みやすく読み応えもあり、アウトドア好きにおすすめの一冊です。

艦これ2017春イベントE-3堀り

f:id:cr1:20170510184452j:plain

神威さんお迎えしました。E-3戦略ゲージWマス約30周程でした。最初に何周かゲージ破壊した編成で回ってみましたが、資材に優しくないので大幅に編成を変更。

第1艦隊 鈴谷、熊野、ウォ子、霧島、飛鷹、隼鷹

第2艦隊 阿武隈、照月、ザラ姉、雪風、大井、北上

不幸姉妹、長門型から、燃費の良い金剛型、Warspiteに変更。大井、北上を入れて支援艦隊は無しに。Zaraは使ってみたかっただけ。基地航空隊は2部隊共ボス集中。

周回数やS勝利回数等は正確には数えていませんが、8割以上はS勝利でした。道中撤退は1,2回程。制空が下がったのでボスでは均衡になることもありましたが、A勝利以上は確実に取れました。

輸送ゲージの方も何周か試してみましたが、支援艦隊がないと安定しないので燃費的にあまり変わらないかなと思いました(体感)。

堀りはいつ出るかわからないので、攻略よりも毛根にダメージが来ますね。

 

次、E-2国後堀り。

暫定でこの編成で掘るつもりです。攻略時の編成です。

榛名、足柄、阿武隈、霞、曙、飛龍

クリア後の堀りでは甲難易度だと、第5艦隊史実艦4隻でRに行きます。

E-3は連合艦隊で資材の消費がぱないですが、E-2はその点では気が少し楽です。でも火力は格段に落ちるのでS勝利は逆に取り辛くなりますね。

 

追記

堀り2周目でクナちゃんお迎えしました。ラッキー。あとは気が向いたらまるゆ堀りというところですか。

一部ではUGUME氏の新艦娘が不評ということですが、あたし的にはOKです!

f:id:cr1:20170510193953j:plain

艦これ2017春イベントE-5攻略

f:id:cr1:20170507193610j:plainE-5甲攻略できました。ラストダンスは少しだけ手こずりましたが、4、5回でクリアできたのでやっぱり今回のイベントはちょっとぬるめですね。

うちは水上打撃部隊で攻略しました。機動部隊で攻略している人も多そうですが、嫁が大和さんなので。

ギミックは情報通り、C、D、EをS勝利、空襲を制空確保で解除できました。

 

ダイソンゲージ編成

第1艦隊 Iowa、Italia、翔鶴、瑞鶴、加賀、大鳳

第2艦隊 阿武隈、秋月、ビス子、綾波、大井、北上

ここは特に問題なくクリア。この時点でギミック解除有効なので攻略時にD、EをS勝利しておくと後が楽でした。

 

ギミック解除編成(Cマス)

第1艦隊 扶桑、山城、伊勢、日向、千歳、千代田

第2艦隊 五十鈴、秋月、摩耶、照月、朝潮、皐月

後から思えば、ゲージ削り時にも何度かCマスでS勝利が取れたのですが、最初にギミック解除した時の編成です。

削り時ならギミック解除前でもボス撃破できたのでCマスはギミック解除を意識しないでも良いかもしれません。

航空戦艦には全スロ瑞雲等で制空補助。秋月、摩耶、照月で対空。五十鈴、朝潮、皐月の先制対潜艦でBマスの潜水艦絶対殺す編成です。

 

北方水姫ゲージ編成

削り時

第1艦隊 大和、武蔵、Iowa、Italia、千歳、千代田

第2艦隊 阿武隈、秋月、足柄、木曾、北上、初霜

基地航空隊 2部隊をボス集中、1部隊を迎撃。

ボスまで半径7なので、21型(熟練)+陸攻の組み合わせ。

支援艦隊は、道中支援、決戦支援共砲撃支援。

第2艦隊は特効艦をメインに編成。道中撤退2回程で削れました。

 

ゲージ破壊時

第1艦隊 大和、武蔵、Iowa、長門、千歳、千代田

第2艦隊 阿武隈、霞、足柄、木曾、北上、初霜

基地航空隊 3部隊をボス集中。

最初は削りと同じ編成で行きましたが火力不足を感じたので、秋月OUT、霞IN、ItaliaOUT、長門IN。霞に対空CI装備。Italiaより練度が高い長門に。

攻略サイト等では連撃装備主体の編成が多い様に思いましたが、装備が貧弱なので初霜は魚雷CIにしました。運改修してなくても十分期待できるので。阿武隈も旗艦補正に期待して魚雷CIです。

最後はボス耐久300以上残っていましたが初霜のCIクリティカルでした。

機動部隊編成では試していませんが、弾薬不足がきついみたいですね。

 

ということで、これから一番辛いE-6(掘り)に突入です。

艦これ2017春イベントE-2,E-3,E-4攻略

f:id:cr1:20170506125409p:plain

 

E-2戦力ゲージ攻略は、輸送ゲージ時のメンバーを残しつつ榛名と叢雲IN。

まだ後段の情報が出ていなかったので秋月型は温存で、比較的対空値が高い叢雲を採用。霞、榛名、足柄、叢雲、阿武隈、蒼龍の組合わせでクリアしました。

いつもは、先行組の編成を参考にしても結構苦労するんだけど、今回はやっぱりぬるめですね。

艦これのまとめサイトや攻略サイトの情報って、ガチな装備を使っているので編成は参考に出来ても装備は一緒に出来ないことが多かったり。

E-2で沼ってる人が多い様ですが、最後は2回で攻略できました。

 

E-3輸送ゲージ攻略は割愛。戦力ゲージ攻略は、艦載機の改修があまりされていないので編成は自分なりにアレンジ。

第1艦隊 陸奥長門、扶桑、山城、隼鷹、飛鷹

第2艦隊 阿武隈、鈴谷、熊野、初月、島風雪風

この時点でE-4の情報は少し出ていたので(陸上型ボス)阿武隈、雪風を惜しみなく採用。制空値不足を補う為に戦艦は扶桑型で。重めの編成にしたので道中、ボスともに安定でした。

 

E-4は、削り時は簡単とのことで軽い編成で、ゲージ破壊時は今流行りの潜水艦、空母編成で。

削り編成 大淀、秋月、利根、筑摩、Bep朝潮

ゲージ破壊編成 利根、大鳳、翔鶴、瑞鶴、加賀、しおい

ゲージ破壊時、最初は反航戦を引いてクリアできず。2回目は同航戦でクリアでした。

 

ちなみに難易度は甲作戦です。甲以外選択しないのが自分なりの縛りです。でも早く呪いが解けて欲しいかもしれない。 

新艦ドロップは、占守と択捉。この分だと堀りの時間的余裕もありそうです。